コンゴウインコの大好物

殻付ナッツ各種


マカダミアナッツ Macadamia nuts
オーストラリアでマカダム博士が発見したことよりマカダミアナッツと名づけられました。
英語ではmacademia nuts。  macademia と macaw (コンゴウインコ) と名前が似ているうえにコンゴウインコの大好物。
マックといえばマクドナルドより コンゴウかマカダミアナッツが定番!


マカダミアナッツの成分はコンゴウインコが自然界で主な食料とするパームナッツににているため
飼育下のコンゴウインコにも望ましい栄養源といわれています。
格闘するマリン Mac (ベニコンゴウ@英国) は1分で割ってしまいました。

殻はクルミよりずっと硬くルリコンゴウには厳しいです。 マリンも割れませんでした。
スミレなら一発、ベニコンゴウにも容易いそうです。


おつまみとして食べる場合には軽くローストすると美味です♪


アーモンド Almond in shells
          1袋 200g入り 900円
チョコレートなどで中身はおなじみですが殻付はこんな姿をしています。
これもコンゴウインコの大好物。 殻は柔らかく嘴にはさんだ瞬間に割ってます。

日本では殻付は一般的ではなく輸入物。  残念ながら需要が少ないため価格は米国小売値の 10倍以上。
    池田牧場さんで購入できます。



クルミ Walnuts
いわずとしれたコンゴウインコの大好物
クルミも輸入ものがほとんどですが、日本でも信州地方などで採れます。
日本のクルミは洋物より小さいわりに殻は硬いです。

Japanese walnuts
日本産クルミ (ほぼ実物大)
Lola owned by Dr Lee, FL, USA
Walnuts in USA
米国産クルミ


ピーナツ Peanuts
日本でもたくさんとれるポピュラーで安いナッツ。
根っこの先に実ができるため泥を払い乾燥させたものが一般的。
インコに与えるまえに軽く炒るとより安全。 (生の殻は肝臓によくない場合があるため。1日に2,3ケなら生でも問題なし。)
 アーモンドとの大きさの比較 Size of comparison between peanut and almond


ピスタチオナッツ Pistachio Nuts
マリンにはオーガニックのピスタチオを与えています。
中身ははずし殻だけあげてもドリーもマリンも喜んで遊びます。

ペカンナッツ Pecan Nuts
中身はクルミと似たナッツ。 米国ではポピュラーなナッツ。
 ジャンガちゃん

カナダのシーズンオフのセールにて
ペカン23kg、アーモンド36Kg
全部でたったの$30。

ヘーゼルナッツ Hazel Nuts
見た目は栗に似ています。
主な原産国はトルコ。 日本ではなかなか入手できませんがハッピーホリデー社のナッツミックルには入っています。
ヘーゼルナッツの効用についてはこちらをご参照ください。


 ヘーゼルナッツを一発で割るマリン

ブラジルナッツ Brazil Nuts
殻を割った中身は白いナッツです。 最近マリンはあまり食べなくなりました。


ブラジルナッツで作ったオモチャ



left to right
Hazel Nut (shell), Brazil Nut, Pecan Nut

パインナッツ Pine nuts
松の木から採れるパインナッツ。 イタリア料理では定番。

ナッツが採れる松の木は欧州原産のストーンパインという種類。
ストーンパインの育つ環境が限られていることと、松ぼっくりからナッツを取り出すのが難しいため
殻付パインナッツは他のナッツより入手が難しく値段も高めです。

北米やアジアでもナッツの採れる松の木があり日本で見かけるパインナッツは中国産が多いようです。 
殻付は国内では手に入りません。

Shelled Pine nuts
殻なしパインナッツ。 日本では松の実として売られています。


Pine nuts in shells
殻付パインナッツ


ドリーも楽々パインナッツの殻を割りました

ひとつが小さいためちょっとしたご褒美にあげられ重宝してます。

その他のナッツ
ほかにもカシューナッツなどインコの大好物。
コンゴウインコは脂肪分の高いものを必要としますが野菜も一緒に与えるよう気をつけています。

ナッツについての一般的な情報はこちらをご参照下さい。
 



主なナッツの栄養価


ナッツの海外注文


インコの憧れナッツアイランド?









HOME